LP支払いについて

LP支払いの場合の制限事項

  • LP支払い時の端末購入一括支払いのみとなります。
  • 常に、暫定の次回月次決済分のLP所有が必要です。
  • MNP予約番号発行などの手数料が必要なお申し込みをした場合、
    手数料が引き落とされるまで、常に所有している必要のあるLPに、申し込み時に必要だったLPが追加されます。
  • 月次決済が失敗して未払いのグループがある場合、常に所有している必要のあるLPに、対象の月次決済額が追加されます。
  • SIM削除やMNP転出後やSIMタイプ変更を行ったSIMがある場合、
    常に所有している必要のあるLPに、対象のSIMについての未請求の音声通話料金が追加されます。
  • 新規お申し込みの際、初期費用と暫定の次回月次決済料金分のLP購入が必要です。
    こちらの額も、引き落とされるまでは常に所有している必要のあるLPに追加されます。
  • 月次決済では、当月分月次決済額暫定の翌月分月次決済額分のLPが必要です。
    所有LPが不足していた場合、月次決済は失敗となります。
  • 月次決済に失敗した際に未払いのままその月の終わりを迎えると、
    対象のSIMカードが削除されます。
  • SIM削除時やMNP予約番号発行の際、その時点で使用している、
    暫定の音声通話料金分のLPの所有が必要です。
  • 月ごとの音声通話料金に利用停止額が設定されています。
    毎月設定される初回利用停止額は5,400円(税込み)となります。
  • 利用停止が発生した場合、
    音声通話およびデータ通信機能が一時的にご利用いただけなくなります。

ケース別で必要なLPの例はこちら

音声通話料金の利用停止額について

  • 月ごとの音声通話料金に利用停止額が設定されています。毎月設定される初回利用停止額は5,400円(税込み)となります。
  • MatePhoneを利用した通話利用停止額の判定対象外となります。
  • 利用停止額に達した際、使用できるLPに余裕があれば、5,400LPが音声通話料金用デポジットとして設定され、次の利用停止額が5,400円(税込み)分引き上げられます。
    使用できるLPに余裕がなかった場合、3日以内に不足分のLPを購入しない限り音声通話およびデータ通信のご利用は一時的に停止となります。
  • 使用できるLPの余剰分とは、使用できるLPから、常に所有している必要のあるLPを引いた額となります。

使用できるLPに余剰がある場合

使用できるLPに余剰がない場合

  • 音声通話およびデータ通信が一時的に利用停止となっている状態で、不足分のLPを購入すると、
    自動的に音声通話料金用デポジットとして設定されます。
  • 音声通話およびデータ通信が一時的に利用停止となり不足分のLPを購入しない場合、再び音声通話およびデータ通信が利用可能となるのは翌月です。

一時停止した音声通話およびデータ通信が再開するタイミングについて

  • 利用停止額と音声通話料金用デポジットは、ご契約のSIMごとに管理されます。
  • 複数のSIMが利用停止額に達している場合、各SIMの音声通話料金用デポジットの合計分のLPが必要となります。
  • とあるSIMが利用停止額に達した際に使用できるLPに余裕があったとしても、他のSIMがすでに一時停止中の場合、
    音声通話料金用デポジットが設定できず音声通話およびデータ通信が一時停止となる可能性があります。
  • 使用できるLPが音声通話料金用デポジットの合計に満たない場合、音声通話料金が高いものから優先して音声通話料金用デポジットに設定されます。

SIMグループが2つあって、どちらかのSIMグループが一時停止、かつ
使用できる余剰分LPが4,000LPある場合

  • 音声通話料金用デポジットとして設定されたLPは、対象月の月次決済以外の用途で使用できません。
  • 音声通話料金のお支払いは、利用月の2ヵ月後となります。

9月、10月、11月の3ヶ月間で見る場合